屋久島スタンドアップパドルボード協会

Walking On The Water

Yakushima Stand Up Paddle Board Association
世界遺産の屋久島で水上散歩

YSUPAにようこそ

知識とルールを守って遊びましょう

スタンドアップパドルボード(SUP)は、ボードに立って漕ぐ人気上昇中のスポーツです。
今まで難しかったサーフィンとは違い、誰でも簡単にチャレンジできるところから、世界中で愛好者が増えています。
日本でも数年前から急激に人気が出てきており、様々なメディアや雑誌にも取り上げられるようになったので、知っている方も多いと思います。
フィールドも海だけではなく、湖や川、ダム、プールなど様々なところに広がっています。
屋久島では、島内にある4つの川、海でもSUPを楽しむことができますが、しっかりとした知識やルールが分からなければ、大きな事故に繋がることもあります。そこで私たちはYSUPA(屋久島スタンドアップパドルボード協会)を発足し、水の上での安全な遊び方をサポートしています。

YSUPAについて
活動報告
ガイドについてガイドについて
お問い合わせ

世界遺産の屋久島の楽しみ方

屋久島で水上散歩を楽しみましょう

周囲約130kmの大きさの屋久島。亜熱帯の海岸沿いから、亜寒帯の山頂は九州最高峰である宮之浦岳(1936m)がそびえ立ち、洋上のアルプスと言われている。1,000mを超える山々から流れ出す豊富な水は岸壁を流れ落ち、豊かな川を作り出している。川に流れる透き通る水は、山の恵みを海へと送っています。そんな透き通る川底を楽しみながら、SUPに乗って水上散歩に繰り出したら、里から見てる景色とはまた違った景色で屋久島を楽しむことができます。